治療方法

歯周病は、歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などの病気です。原因は、歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの隙間に細菌が入ること。

初期はほぼ痛みがありませんが、進行すると痛みや腫れを伴い歯がグラつきます。そしてさらに症状が進むと歯が抜けてしまいます。

歯周病がやっかいなのは、痛みなどのはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、自覚症状が現れないこと。ですから、定期的な検診などによる早期発見が大切なのです。

軽度の場合は超音波による歯石除去から、歯ブラシの方法や生活習慣病のアドバイスなどを行い、重度の場合は、外科的な治療や再生療法を行います。