原因(理由)

歯周病はプラークという細菌と代謝物のかたまりが、口の中に溜まることで発生します。

粘着性の高い食べ物や、糖分の高い食べ物が、プラークを形成(プラーク形成を活性化)させています。

歯磨きをしないと、このプラークが溜まり、歯周病になります。プラークが固まった歯石ができると、歯磨きでも除去しにくくなります。

また、口呼吸などで口が渇いていると、唾液の分泌が悪くなります。唾液の自浄作用はプラークの活動を弱めますので、口の渇きも歯周病の原因です。

加えて、血行不良(喫煙など)、歯茎への負荷(歯ぎしり・噛み合わせ)も歯周病の原因になります。