歯周病

歯周病とは歯ぐきの炎症により歯を支える骨が溶けてしまう病気です。歯は顎の骨に支えられているため、進行すると歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。

なお、現在、歯を失う原因の第1位は実は歯周病です。歯周病の怖いところは徐々に進んでいくところ。また歯周病は全身の病気と関連があると言われており、糖尿病や高血圧と関係が深いと言われています。

歯周病の代表的な症状としては歯がぐらぐらする、口臭がするなど。こういった症状を実感したら歯科医師に診察してもらうことをお勧めします。

原因(理由)

歯周病はプラークという細菌と代謝物のかたまりが、口の中に溜まることで発生します。 粘着性の高い食べ物や、糖分の高い食べ物が、プラークを形成(プラーク形成を活性化)させています。 歯磨きをしないと、この …

治療方法

歯周病は、歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などの病気です。原因は、歯周ポケットと言われる歯と歯ぐきの隙間に細菌が入ること。 初期はほぼ痛みがありませんが、進行すると痛みや腫れを伴い歯がグラつきます。そし …

患者の声

安心して治療を受けられました 実は前々から歯のグラつきは感じていましたが、忙しくてそのまま放置してしまいました。痛みが強くなったため来院したところ、かなり進行しているとのこと。しかし、丁寧に症状を説明 …