原因(理由)

入れ歯になる要因として最も多いのは、歯周病です。
歯周病は初期段階では自覚症状がなく、症状が現れた時にはすでに進行していることが多いため、結果として歯が抜けてしまったり、抜かざるを得ない状況になってしまうのです。

普段から正しいケアで歯と歯ぐきを健康に保つことが大事です。