原因(理由)

むし歯は、プラークの中のむし歯菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう病気です。痛みが出たときにはすでに進行していることが多いため、少しでも痛みを感じたり、しみたりする場合は、早めに来院ください。

むし歯になりやすいのは、歯並びが悪い人。そして歯ぎしりや食いしばりなどで歯に力が加わり続けている人なども、歯の表層が欠けてしまったりヒビが入ったりして、そこにプラークがたまりむし歯になる可能性が高くなります。

また、「二次むし歯」にも注意が必要です。これは、以前治療した歯が再びむし歯になってしまうこと。治療から時間が経つと、むし歯の被せものや詰めものと歯の間にすき間ができてしまうことがあり、そこがむし歯になってしまうのです。一度治療したからといって安心せずに、その後も定期的に検診していくことが大事です。