原因(理由)

乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質がやわらかく、さらに溝が多いため、食べかすなどが歯にたまりやすいので、むし歯になりやすいのです。

また、むし歯の要因と言われるミュータンス菌は本来は赤ちゃんの口の中にはおらず、両親や祖父母などの身近な大人から感染することが多いと言われいます。お子さんのむし歯をつくらないためには、お父さん、お母さんもしっかりむし歯予防をしておくことが重要です。