未分類

腫れた歯茎の応急処置

投稿日:2018年10月23日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

 

皆さんの中に、歯茎が晴れてしまった経験のある方はいらっしゃいませんか?

本当は歯茎が晴れてしまった段階でできるだけ早く歯医者に来ていただきたいのですが、どうしてもすぐにはいけない!そんな方のために、本日は歯茎が腫れてしまった時の応急処置についてお話しします。

 

まず歯茎が腫れてしまった時は、冷やしてください。歯茎が炎症を起こしている場合や膿が溜まってしまっている場合、痛みの緩和にもなります。まずは「冷やす」ことが肝心です。

 

また刺激の少ないうがい薬などで、消毒をすることも有効です。ですがこの時、アルコールの入ったものを使用してしまうと、かえって患部を刺激してしまうので、避けるようにしてください。

 

また歯茎が腫れる原因には体調不良も考えられます。以上のことをしても腫れが引かない場合などは、しっかりと休養を取ることで、腫れが収まる場合もあります。

 

今回は応急処置の方法をお話ししましたが、これで治ったからといって放置はしないでくださいね。時間のある時に歯医者にいって相談することが、完治への一番の近道です。当院はいつでもご相談を受け付けておりますので、放置せずにぜひいらしてくださいね。

 

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類