未分類

灰色の歯

投稿日:2018年11月29日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

 

みなさんの中に歯が灰色の方はいらっしゃいますか。本日はそんな灰色の歯のお話しをしていきます。

この灰色の歯は、テトラサイクリンという薬の影響なのです。この薬は化膿を止める効果があるのですが、胎児の頃や子供の頃など歯が作られる時期に服用すると含まれる粒子が沈着し、象牙質を着色し、灰色や縞模様の歯を作り出します。
服用した時期や量、薬の種類によって、変色が起こる場所や色の出方が変わります。多いのは灰色ですが、黄色やオレンジ色、また黒に近い場合もあります。

このテトラサイクリン歯の治療法は、色と症状によって変わります。これ自体は放置したからといって健康に影響が出ることはありません。気になる方がいたらぜひご来院ください。

 下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類