未分類

歯垢(プラーク)と歯石の違いって知っていますか?

投稿日:2018年4月27日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

患者さんから歯石と歯垢の違いを聞かれました。CMなどで、歯石や歯垢などの言葉は耳にしますが、皆さん意外と知らないようなので、少し書いてみたいと思います。

まずは、歯垢です。

歯の表面を爪でこすってみてください。白くてねばねばしたものが見えませんか?

これが歯垢です。歯垢とは、たくさんの細菌がねばねばした物質に守られ、歯や歯茎についたものです。
歯垢はまだ柔らかいので、歯ブラシでとることができます。奥歯や歯の間、歯ぐき(歯肉)との境目などは付着しやすいため、しっかり歯磨きをして除去しましょう。

 

やっかいなのは、歯石です。

これが、問題です。歯石は、歯垢を長時間放置することで、唾液や血液中のリンやカルシウムと結びつき、固まったものです。
歯石になってしまうと、硬くなり、歯ブラシでは取れなくなってしまいます。放っておくと歯周病になったり、更に悪化してしまったりすることもあります。
歯垢は歯ブラシ。

歯石は歯医者。

皆さん、違いは分かりましたか?

 

健やかな歯は、正しい知識と日々の習慣からです。

知らなかった方は、これから意識して、

知っていた方はより意識して、

自分の歯を大切にしていきましょう!

-未分類