未分類

歯の矯正

投稿日:2018年12月25日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

 

前回は不正咬合によるデメリットについて紹介しましたが、今回はそんな不正咬合の矯正の方法についてお話ししていきます。

 

矯正の種類は主に三つあります。

まずはワイヤー矯正。もしかしたらみなさんにとっても一番馴染みが深い矯正かもしれません。これは歯の表側に金属をつけワイヤーを通す方法で、一目見て矯正をしていることがわかります。

つぎにマウスピース矯正があります。これは透明なマウスピースを口にはめて少しずつ歯を動かしていく方法です。2週間に一度程度のペースでマウスピースを取り替える必要がありますが、透明なのでわかりづらいのが特徴です。

最後に舌側矯正です。ワイヤー矯正のワイヤーを歯の裏側に通す方法です。歯の裏側に金具があるので、見た目にはわかりづらいのですが慣れるまでは違和感が強いことが多いです。

 

このほかにも歯自体にアプローチするのではなく、口内の筋肉を鍛えることで歯並びをよくしていこうとする口腔筋機能トレーニングなどもあります。

どの矯正にもメリットとデメリットがあるので、矯正に興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

 

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

 

-未分類