未分類

旅と歯の話

投稿日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

みなさんは今回の超大型連休は楽しめましたか?長すぎるという声もよく聞かれましたが、せっかくの長いお休み、海外旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか。

先日あるタレントさんが「出発前に歯の治療を始めてハワイに行ったらそれまで以上に痛くなって大変だった」というお話をされていました。

今回は旅と歯痛の関係のお話です。

まず、飛行機の機内の気圧は地上よりかなり低くなっています。この急激な気圧の変化によって、歯の中にある空気も影響を受けているのです。治療中の虫歯に薬を充填している場合や、膿が溜まっている場合はそれがしみ出して痛みを感じることがあります。

また、旅行中の環境の変化によるストレスや長時間の移動による睡眠不足も大いに関係あります。体調の不調が自律神経のバランスを崩し、痛みを誘発しやすくなるのです。

飛行機のパイロットや宇宙飛行士が虫歯のある状態では搭乗できないというのも頷けますね。前述のタレントさんは現地の歯医者を探して駆け込んだのだとか。海外ともなると病院探しも大変ですし、保険の問題など治療費も不安です。旅行に行かれる予定のある方は計画的に虫歯治療を完了させて出かけるように心掛けてください。

やむを得ない場合は鎮痛剤を持って行くなど、事前の準備をして、楽しい思い出になる旅にしてくださいね。

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類