未分類

夏場の天敵

投稿日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

ここ最近とても暑いですね。暑いと冷たいものが食べたくなりますよね。

皆さんの中にはもしかしたら、思う存分冷たいものを食べたいけれど、歯にしみるからちょっと…という方もいらっしゃるのではないでしょう?

この歯に冷たいものがしみる方は、知覚過敏の可能性があります。通常の健康な歯はエナメル質で覆われているため、歯への刺激が神経に届くことはありません。ですが、このエナメル質が剥がれたり、薄くなってしまったりしている人は、神経が刺激されるため、冷たいものが歯に「しみる」、つまり痛みを感じるようになります。この状態が知覚過敏です。

エナメル質劣化の原因は虫歯や歯周病などの歯のトラブルや誤った方法での歯磨きなど多岐に渡ります。ちなみに、知覚過敏対策として有名な「シュミテクト」という歯磨き粉は、「硝酸カリュウム」という成分がイオン化して神経の周りにバリアを作ることで、エナメル質の代わりになり、刺激の伝達を遮断するものです。シュミテクトを使ったからと言ってエナメル質が回復するわけではないんですね。

暑い夏はこれからが本番です。冷たいものが歯にしみる!でも、美味しく食べたい!という方は、ぜひ当医院までご相談ください。

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類