未分類

唾液ってすごい!

投稿日:2019年2月23日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

今日は、唾液についてのお話です。当然皆さん唾液はご存知ですよね。でも唾液って口の中でどんなことをやっているの?と聞かれると、案外分からないと思います。そもそも唾液は、1日に1~1.Lも分泌されていると言われています。そんなに、出して何をしているんでしょうか?

まずは、食べるときの役割です。唾液があることで、食べ物が飲み込みやすくなります。水分が含まれるからですね。ぱさぱさのパンや乾いているものを食べると飲み込みにくくて、逆にゼリーなど潤っているものは飲み込みやすいですよね。つまり、唾液がないと口内が乾いて食べ物を飲み込みにくくなってしまいます。

また、唾液には、味を感じさせやすくなる役割があります。これは、味覚を感じる味蕾に対して、味の成分が溶けた唾液が働きかけるからです。

その他にも、唾液にはいろいろな抗菌作用があり、細菌の活動や繁殖を抑える働きがあります。

すごいですね。伊達に大量分泌されていない、という感じです。人によって様々ですが、唾液は表情筋を鍛えることで、分泌を活性化します。よくおしゃべりして、よく噛んで、よく笑う、そんな明るい生活がいいですね。こんな話を聞くと、やはり精神的な健康と身体的な健康はつながっていると感じますね。

 下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類