定期検診

日本では、歯医者に行くのは「痛みを感じてから」という人が多いのが現状です。

しかし、オーラルケアの先進国と言われる欧米では、誰もがかかりつけの歯科医院をもっており、定期的にメンテナンスする「予防歯科」に力を入れています。こうして定期検診に通うことで、治療が必要な状態になる前に適切なケアをすることが習慣づいているのです。

でも、よく考えてみてください。予防歯科に力を入れる方が、痛みもなく、体にとってもよいはずですよね。経済的に見ても、結果的に効率的といえるでしょう。

歯を削ることは、痛みやストレスを感じるばかりではなく、実は従来のその方自体のバランスを崩すことになりかねません。ですから、できる限り私たちも歯を削りたくないのです。

ぜひ、1〜3ヶ月に一度お口のコンディションの確認のために、お立ち寄りください。