未分類

健康な歯のためには?

投稿日:2018年9月11日 更新日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

前回、前々回から続く歯石のお話も今回で3回目です。

本日は、前回の最後で予告しましたが、歯石の除去と予防の方法についてお話します。

すでに何度かお話していると思いますが、歯石はプラークとミネラルが結合し、固まったもの。そのため簡単には除去できません。

では医院でどのように除去しているかというと、超音波を使っています。

超音波を出す機械を使用し、その振動で歯石を粉砕しているのです。ただ、歯茎の中にできた黒く固い歯石には、超音波の機械だけでなくと歯石を取る細い器具を合わせて使用していきます。

これらの歯石除去はいわば最終手段になります。歯石は日頃の歯磨きでもある程度、予防することができます。次に、歯石を予防する歯磨きの方法についてお話します。

度々お話していますが、歯石は歯にこびりついた細菌の塊が原因になっています。そのため、歯の表面に傷があったり、ザラザラしていると細菌が歯にくっつきやすく、歯石が付きやすくなってしまいます。なので、研磨剤の粒が大きな歯磨き粉を使うと歯の表面が荒く削れてしまい、せっかく歯磨きをしても歯石が付きやすくなってしまうのです。

歯石予防のためには、研磨剤の粒子ができるだけ細かい歯磨き粉や、歯の表面をつるつるさせる効果のあるものを使用することをお勧めします。

また歯を磨く際は、強くこすりつけるのではなく、毛先を使って一本一本丁寧に磨いてください。歯ブラシは汚れをこすり落とすためのものではなく、毛の弾力を利用して汚れを弾き飛ばすものです。皆さんもそれを意識して歯磨きをしてみてくださいね。

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類