未分類

キシリトール

投稿日:

こんにちは、下高井戸こたく歯科医院の古宅です。

みなさん、ガムはよく噛みますか?

 

今日は虫歯とガムの関係についてお話します。

ガムといえばキシリトールですよね。

そしてキシリトールといえばフィンランドが有名です。

もともと、フィンランドは世界有数の虫歯大国でした。

世界有数の虫歯大国だったフィンランドは1972年から国をあげて虫歯予防に取り組みはじめました。その結果、5年後の1977年には虫歯の患者数が劇的に減少したのです。

 

ガムを噛むことで唾液がでますよね。この唾液が虫歯予防に効果があるのです。

唾液には抗菌作用があるだけではなく、ミネラル分が歯に付着し、歯が溶けるのをふさいでくれます。

細菌の影響で歯が溶け始めることで虫歯はおこります。唾液の分泌を促すガムはそれに対抗できる手段ともいえます。

 

しかし、甘いフルーツなどの味のついたガムばかり食べているとそのガムの糖分で虫歯ができてしまうこともあります。甘いガムは避けて、糖類を含まないガムを食べるようにしましょう。

 

ガムは虫歯予防のうちでも手軽な手段ですが毎日の歯磨きも忘れず続けましょう。

 

下高井戸こたく歯科医院は、地域に根ざした歯医者を目指しています。

下高井戸、赤堤、松原、永福、桜上水にお住まいの方はお気軽にいらしてください。

-未分類